恐喝・脅迫の対応や対策,解決方法のご相談

近年,恐喝・脅迫の被害相談が増加傾向にあります。
理由としてはやはりインターネットの普及による出会いの場の増加であると言えるでしょう。

恐喝・脅迫の活動の場と言えば,昔はテレクラやツーショットダイヤルがメインでしたが,現代では出会い系サイトやSNS,出会い掲示板などネットを利用したものが主となっています。
そして,ネットの特性でもある「顔の見えない相手」との接触に起因して,援助交際や児童買春などの刑罰法規に抵触する行為へと発展し,恰好の恐喝・脅迫被害者へなってしまうのです。

もちろん,不倫・不貞行為や妊娠を理由とした恐喝・脅迫被害も数多く健在しており,背後に暴力団関係者や,男の存在をちらつかせて,金銭を巻き上げる手法は昔と変わりません。

そして,恐喝・脅迫の手口が,「相手の弱みに付け込む」点においても今も昔も同じなのです。

例えば,相手方が結婚していると知っていて性的関係をもった場合には,貞操侵害による損害賠償の責任を負います。
また,女性を妊娠させた場合には,中絶(堕胎)費用の負担や慰謝料の支払いも必要となります。
更に言えば,援助交際や児童買春などの犯罪行為に手を染めてしまえば,警察による逮捕も有り得るのです。

そして,恐喝・脅迫の加害者は,不貞行為や援助交際の事実を家族や勤務先にばらすことをほのめかし,或いは裁判や警察沙汰にすることをちらつかせ,恐喝・脅迫の被害者を不安と恐怖に陥れた後に法外な金銭の要求をしてくるのです。

更に,正常な判断能力を失った恐喝・脅迫の被害者が,相手方の要求に応じ示談金や慰謝料を支払うと,ここぞとばかりに追加でお金の要求をしてきます。
一度目をつけた相手からは徹底的にお金を毟り取るのが,恐喝・脅迫の手口です。
安易に金銭を支払ったが為に,恐喝・脅迫加害者に「カモ」と看做され,事態の悪化を招く可能性も十分あります。

かといって無視をすれば,家族や勤務先への通知や警察への通報等の報復行為をされ,取り返しのつかない事態を生じさせる事もあります。
訴訟や警察沙汰の手段をとることなく,「穏便に且つ秘密裏に」恐喝・脅迫を解決したい方は,恐喝・脅迫相談センターにご相談下さい。

恐喝・脅迫相談センターは,「家族や勤務先に知られずに」恐喝・脅迫を解決することを最大の目的としております。
豊富なノウハウと経験に基づく徹底した方法で,恐喝・脅迫トラブルを解決に導きます。

恐喝・脅迫の相談解決実績が豊富な弁護士が親身に誠実にご相談にのらせていただきます。
起きてしまった事を悔やむより,今何をすべきかを考えて下さい。
相談する勇気が解決への一歩です。お気軽にご相談下さい。