美人局トラブルが増加している背景にインターネットの普及があるのは周知の事実ですが、それに伴い、美人局に遭うきっかけとなる出会いの場も大きく様変わりしました。
また、それに伴い美人局の手口も巧妙かつ悪質化してきました。

美人局は売春と同様に有史以前から存在する詐欺・恐喝的犯罪であり、男性の性欲が存在する限りこの世からなくならない犯罪と言えるでしょう。
美人局の手口を知ることにより今後美人局のトラブルに遭わぬよう細心の注意を払って行動して頂けたらと思います。

典型的な美人局の手口出会い系サイトやテレクラであっさりと女性と会う約束を取り付ける事ができ、会ってすぐにラブホテルに直行といった急展開パターン。
ホテルに入る直前直後か、性交渉が終わってホテルを出た時に男が、「俺の女(妻)によくも手を出してくれたな」と絡んでくる。勿論、その後は不貞行為による慰謝料名目や恐喝的言動でお金を請求される。
最近では、ホテル内で油断した隙に身分証明書を控えられたり、携帯番号から身元を割り出されて後日になって美人局の被害に遭うケースもある。

オヤジ狩り的美人局の手口出会い掲示板やサイトで年齢を18歳以上であると偽り、援助交際を持ち掛ける。
ホテルに入る直前やホテルに向かう途中で複数の若者に囲まれ、「援助交際で警察に突き出してやる」「会社をクビにさせるぞ」「奥さん交えて話しするか?」「人生ボロボロにしてやる」などと恐喝して金品を巻き上げるケース。
美人局の被害者本人が、児童買春や、青少年保護育成条例に反した行為をしているため、警察に被害届を出せずに泣き寝入りすることが多いのが実情です。

ぼったくり的美人局テレクラやネットで知り合った女性ととんとん拍子に会う話となり、約束の場所に出向くと「わたしの知っている店で飲もう」と誘われ、ぼったくりバーに誘導されるパターン。
上記以外にも、貴金属店や展示会場などに

連れていかれ、高額な契約を結ばされる美人局被害もある。

2度、3度と続く美人局の被害美人局の被害者が、再度恐喝されているとの相談が相次いでいます。
個人情報を握られており、不貞行為を妻にばらされたり、児童買春で警察に通報されれば会社をクビになる為、2度目、3度目の要求に応じてしまう男性も少なくありません。

しかし、脅しに屈して金銭を渡してしまえば、恐喝行為がエスカレートして取り返しのつかない事態になりますので、『絶対に』要求に応じてはいけません。