妊娠詐欺とは、本当は妊娠していないにも拘わらず妊娠したかのように装い、中絶費用や高額な慰謝料を騙し取ることを言います。そして、出会い系サイトやSNSが台頭し利用者が増加するとともに、妊娠詐欺の被害相談も数を増しています。

美人局のように、端から恐喝行為が展開されるものと違い、妊娠詐欺においては、詐欺的手法により金銭を交付させる手口を用い、騙されない相手方に対しては恐喝行為に走る2段構えの手口が多いのが特徴です。つまり、妊娠の事実が嘘であることが分かり、要求された金銭の支払いを拒むと、家族や勤務先への連絡をちらつかせたり、夫を名乗る男が登場し、不貞行為による損害賠償名目で脅しにかかってきます。

しかし、『妊娠詐欺』と決めてかかるのは問題です。なぜなら、仮に女性が本当に妊娠していた場合、受精から21周6日で母体保護法の定めにより中絶が不可能となります。出産後、法定代理人である母親による強制認知により、子供への養育費の支払い義務の発生や、相続権の発生など取り返しのつかない大きな問題へと発展してしまします。

ですので、まずは、妊娠が「詐欺」なのか、それとも真実なのかを見極めなくてはなりません。

妊娠が真実なのか詐欺なのかの判別法としては、医師の診断書やエコー写真の提出を相手女性に求めることです。偽造した診断書を使用すれば、私文書偽造行使の罪に問われるため、詐欺であれば何らかの理由をつけて診断書を渡すことを拒むはずです。

また、エコー写真を見せてきた場合でも、通常エコー写真には、診察日が載っていますので、女性の申告による診察日と食い違えば、ネットで探してきたエコー写真の画像である可能性が高いと言えるでしょう。

その他、エコー写真には病院名も載ってますので、不意を突いて、「電話で」診察を受けた病院名を聞いてみるのも方法の一つです。即答できない場合や、即答しても、写真に記載の病院名と違っていれば詐欺の可能性が高いと言えます。

その他の方法としては、市販の妊娠検査薬を持参のうえ女性と会い、その場(トイレ)で検査するよう勧めるのも一つの手です。尚、妊娠検査薬は、受精から2週間経過していないと妊娠結果が出ませんので、性行為から2週間以内に、妊娠検査薬で陽性反応が出たと女性が申告してきた場合には、妊娠詐欺の可能性が高いでしょう。

また、仮に、診断書やエコー写真が本物で、本当に妊娠していたとしても、必ずしも自分が父親であるとは限りません。出生前の親子診断も可能ですので、DNA鑑定をして自分が父親か否かを確認することも出来ます。

診断書やエコー写真の提出を拒み、或いは、エコー写真を、写真上の文字が識別不能な状態でメールで送ってきたり、直接会って見せてはくれるが、チラッと見せるだけや渡すのを拒否するような場合は、妊娠詐欺の可能性が高いでしょう。

しかしここで大きな問題点があります。

上にも書きましたが、妊娠詐欺の加害者は、騙している事が相手方にばれると、次は、「恐喝」行為へと手段を変えてきます。いくら嘘を見破り此方が正しい主張をしたとしても、相手方を追いつめた結果、恐喝行為へと発展し、ご家族や勤務先への通知等が為されてしまえば本末転倒となってしまいます。

妊娠詐欺の問題点としては、上記の通り、詐欺であることを見破ったとしても、『恐喝される要素』が残っていることがあげられます。

出会い系サイト等で女性と関係を結んだ男性に妻がいる場合は、妻にその事実を知られたくないでしょうし、逆に、相手女性に夫がいる場合には、不貞行為を理由として慰謝料請求の訴訟を起こされる可能性すらあります。また、女性が単独で詐欺や恐喝を働いていることは少なく、大抵、後ろ盾の男性がいて、女性の欺罔行為が通用しないと分かるとその男性が登場し、訴訟をちらつかせたり、或いは、家族や勤務先への通告をほのめかして、金銭を脅し取ろうとしてきます。

また、出会いサイトやSNS以外でも、水商売、特に風俗嬢との本番行為による妊娠トラブルも多発しています。この場合も、中絶費用や慰謝料、休業補償などの名目で多額の金銭を要求しきて、それを拒むと風俗店の男性スタッフや風俗嬢の彼氏や知り合いを名乗る男が登場し恫喝してくるパターンが非常に多いのが現状です。

参考サイト:風俗嬢を妊娠させた時の4つの問題点と【失敗しない】3つの対処法

つまり、単に女性を追いつめて、詐欺を見破れば解決する問題ではないのです。

特に、ホテル内で免許証や保険証、勤務先の名刺等を盗み見られてしまうケースだけでなく、女性に携帯番号を教えてしまった方は要注意です。実は、詐欺の被害者の方から「携帯番号とメールアドレスしか教えていないのに、女性や女性の夫を名乗る者が自宅や勤務先に押しかけてきた」といった相談が絶えません。あまり知られてはいませんが、『携帯番号から氏名・住所・自宅固定電話番号・勤務先の割り出しが可能』なのです。

参考:携帯番号から個人情報が知られてしまう問題をアナタは知ってますか?

また、周囲の者に、妊娠トラブルを知られたくないがために、詐欺や恐喝であると知りつつも要求金額を支払って解決しようと考える方もおられますが、一度お金を払ったが為に「カモ」扱いされ、継続して金銭を毟り取られる被害が続出しています。どのような理由があれ、『絶対にお金は払わないで下さい』。
(詳しくは、「恐喝・脅迫の相談」を参照。)

当弁護士事務所では、被害に遭われた方の名誉の保護に最も重きを置き、「家族や勤務先に知られずに」恐喝・脅迫を解決することを最大の目的としております。長年に渡り数多くの恐喝や脅迫被害のご相談を受けてきた当弁護士事務所だからこそお役に立てる事も御座います。

当弁護士事務所では、人の心の痛みがわかる暖かい気持ちをモットーとしております。 一人でお悩みを抱えずにお気軽にご相談下さい。